即日審査、即日融資OK!すぐ(30日以内)に返済可能な人はここ

三井住友フィナンシャルグループSMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス」
プロミス

 

  • 来店不要のWeb契約
  • 即日融資OK!※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
  • Web契約完了後、自動契約機でカードを発行してもらうと、夜・土日でも即日融資が可能。 申込の時間帯によっては翌日以降になります。
  • 瞬フリサービス(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能)
  • 30日間無利息サービス*1
  • 50万円以下なら収入証明書書類不要
  • 主婦や学生でもパート・アルバイトなどで安定した収入のある人は審査をしたうえで利用が可能*2

*1:初回利用の契約時にメールアドレスを登録して、書面の受け取り方法で「ホームページにて書面(web明細)を確認」を選択した人がこのサービスを利用できます。
*2:審査次第では残念ですが利用はできません。

 

金利 融資可能額 即日融資可能期限時間
4.5 〜 17.8% 1 〜 500万円 平日14:00まで

 

 

三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」
最短即日

 

  • 30日間金利0サービス*1
  • Web契約なら即日審査・即日融資OK!*2
  • Web契約完了後、自動契約機「むじんくん」でカードを発行してもらえば、夜・土日でも即日融資が可能*2
  • ≪3秒診断≫でお借入れ可能かすぐにわかる
  • 楽天銀行口座を持っている人は24時間振込みOK
  • 最短30分審査

*1: アコムでのご契約がはじめてで、返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
*2: 申込の時間帯によっては翌日以降になる場合もあります。

 

金利 融資可能額 即日融資可能期限時間
4.7 〜 18% 1 〜 500万円 14:00まで

 

 

即日審査、即日融資OK!バレたくない人はここ

アイフルただいま30日間無利息キャンペーン中!

アイフル

 

  • 24時間、ネットで申込み
  • 審査結果はメールか電話を選択
  • 即日融資・即日審査も可能
  • 最短30分で審査完了
  • 利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額が100万円以下のケースは収入証明書は原則不要
  • キャッシングの目的別に選べる貸出種別が豊富
  • 配達時間えらべーる: 指定の時間帯に自宅でカードを受け取れる宅配便サービス

 

金利 融資可能額 即日融資可能期限時間
4.5〜18.0% 1,000円〜500万円

 

三井住友銀行グループの「モビット」
300x250 竹中さん 静止

 

  • 来店不要のWEB完結申込(ネットで申込みから契約が完了)
  • 14:50までに振り込み手続き完了していれば、即日融資OK!*1
  • ネットで審査完了後、入会手続きでカードの受け取り方法をローン申込機と指定すれば、近くのローン申込機で予約番号を入力し、カードを発行すれば即日融資も可能*1
  • 10秒簡易審査(事前審査の結果表示となります。)
  • お勤め先確認などの電話連絡なし
  • 郵送物なし
  • アルバイト、派遣社員、パート、自営業、主婦の人も安定した収入がある人は利用可能*2

*1:審査によっては希望に添えないこともあります。 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っていることが条件となります。
*2:審査の結果によっては残念ですが不可の場合もあります。

 

金利 融資可能額 即日融資可能期限時間
3.0%〜18.0%(実質年率) 1〜800万円 14:50まで

 

即日審査OK!金利が安い方がいい!人ならここ

オリックス銀行株式会社の「オリックス銀行カードローン」
最短即日

  • 来店不要(ネットで全国どこからでもお申込が可能)
  • 口座開設不要
  • 最短即日審査可能
  • おまとめ・借り換えOK
  • ATM手数料無料
  • 融資300万円まで収入証明書提出不要
  • 月々7000円からの返済可能(借入残高が30万以下の場合)

 

金利 融資可能額 当日融資可能期限時間
3.0%〜17.8% 1〜800万円 --

 

消費者金融でお金を借りる条件や手順について

初心者さんだと消費者金融はどこがいいの?という悩みとどうやって借りたりいいの?という悩みがあるとおもいます。そんなキャッシング初心者さんのために条件や手順などを説明します。

 

キャッシングの条件
「安定した収入がある成人」という基準があります。
会社員・公務員などは安定した収入があるのでキャッシングはまず問題ないと考えていいと思います。
派遣・契約社員であっても条件をクリアしていれば問題はないでしょう。
学生でアルバイトしている人、主婦でもパートをしている人も条件をクリアしていれば、キャッシングは可能です。
*他の条件により難しいこともあります。

 

無職や専業主婦などは収入がないのでキャッシングの審査が通らない可能性の方が高いです。
過去、キャッシングをしていて返済が遅れたことがある人もその可能性があります。

 

キャッシングの申し込み方法
店舗窓口、無人契約機、ネット、電話、郵送、ファックスといった方法があります。
初めてというあなたにはネット申込をおすすめします。 ネット申込であれば、パソコン、スマートフォン、タブレット、携帯電話から24時間申込が可能だからです。
店舗窓口や無人契約機と違って誰にも見られないという安心感があります。 電話、郵送、ファックスというのは時間がかかるのであまりおすすめしません。

 

キャッシングの手順
申込
ネットから申し込みをします。 入力は簡単になっていますが、焦らず確認しながら入力してください。
あなたの基本的な情報や、そのキャッシング会社が必要とする項目を入力していきます。
審査
審査はだいたいのキャッシング会社は30分以内で終わります。
あなたの年齢、収入、勤務先、居住形態、家族構成などといった項目が審査されます。
あなたの収入を証明する書類を提出し、返済の能力があるかどうかも審査されます。 (収入証明賞が必要のない場合もあります)
他社でキャッシングの実績があるかどうかも審査されます。
本人確認やお勤め先確認などの電話連絡があります。 電話連絡は個人名でかけてきてくれるので、キャッシング会社からの電話だとは分からないようになっています。
契約
審査に通れば、電話やメールなどで融資可能額などの連絡が来ることになっています。
融資
振込み、カード発行してATMで借入といった方法でキャッシングの利用が可能になります。

 

借りることができたら、返済もきっちりしてくださいね!

 

返済方法

返済方法(キャッシング)はそれぞれのキャッシング業者がそれぞれの方法をとっているでしょうが、ATMを使っての返済、銀行振り込みで行ったり、口座引き落としといったところが、ありがちです。
その中で、口座引き落としの場合、返済期限を逃すことなく確実に返せますが、返済金額分が口座に入っていなければ、その気はなくても延滞になることになります。

どんなキャッシング業者でもネットのみを用いて終わらせられるとは言い切れないのですが、有名どころはできるところがほとんどです。家事の合間などほんのささいな時間に家でお金を借りることができれば、大変楽になりますね。お金の借り入れや返済を短時間ですぐにできるので、ここぞというときにぜひ使ってみましょう。主婦が借入を使用しようと思った時に、夫に内緒にしたい人が少なくなく、ついついバレるのがイヤで足を踏み出せない人が多いようです。

 

少額のキャッシングで一括返済できるものなら、金融業者の中には、無利息期間を設けているところもあるので、そうした業者を利用するのがより良いでしょう。
利息のかからない間に全額を返済してしまえば、無利息で済みますからすごく利用しやすくなります。

 

もし返済を一括でおこなわなくても、無利息期間の活用ができる金融業者の方がよりお金を借りるにもお得になることが多いので、比較検討をオススメします。アコムが提供しているキャッシングサービスを最初に使う際には、最大30日間、ゼロ金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)となるのです。
キャッシングをすると返済期限までに借り入れた金額に利息を足した額を支払いをしないといけませんが、一度だけでも延滞をすると貸金業者から一括で返済を求められる場合もあります。ですので、お金を用意できないときは予め業者に伝えるのがよいでしょう。急な督促が来ることはなくなりどう返済すればいいのかの相談にも乗ってくれます。

 

キャッシングの返却方法には数多くの方法が存在しますが、店頭で支払うことの他に口座自動引き落としや銀行振り込みを利用したり、金融会社やコンビニのATMでも振込みできます。あまり知られていない方法では現金書留でも支払いできますが、最もよく使われる方法は現金自動預け払い機を通して支払う方法です。プロ間違いの借り入れは、ネット、電話、店頭窓口、ATMの4つの方法から申し込み可能です。

消費者金融市場

少し角度をかえて、消費者金融市場について少し知ってみましょう。平成25年の消費者金融業界の業界規模は6,586億円でした。実は、消費者金融業界の市場は、平成18年以降は右肩下がりの下降傾向が続いてしましたが、平成25年にようやく下げ止まり現在は、横ばいです。これは平成18年の貸金業規制法の導入の影響で出資法上の上限金利で貸付けをおこなっていた消費者金融会社にとっては大きな損失となりました。そして平成22年の改正貸金業法が全面施行も同じです。このように与信の厳格化などが進み、消費者金融業界にとっては非常に厳しい時勢となっています。

ではどのような会社が安心して取引できるかを確認するため、会社としての格付けやランキングなどを見てみましょう。これも一つの会社を選びうえの情報になります。やはり、売り上げが高い=人気があるともいえるので、参考にして下さい。
消費者金融業界内における営業収益(営業収益シェア)のランキングは以下の通りです。
1位アコム2,022億円(30.7%)、2位SMBCコンシューマーファイナンスプロミス1,948億円(29.6%)、3位アイフル918億円(13.9%)です。従業員数では、1位SMBCコンシューマーファイナンス プロミス 2,136人、2位 アコム 1,748人、3位 アイフル924人です。社員の平均勤続年数は、1位アプラスフィナンシャル16.0年、2位アコム 15.3年、3位 アイフル 14.5となっています。ランキングからもれたSMBCコンシューマーファイナンスプロミスもランク外ながら5位の11.3年でしたので、比較的長いです。
いかがでしょうか。やはり、大手3社が市場シェアや従業員の規模などでも最も多数を占めるようです。

申込書や書類の不備

せっかくのキャッシングカードの申込書や他の書類に不備や誤記入があると、申し訳ないけれど、再提出か訂正箇所に訂正印を押さなければいけないので、書類そのものが返却されてくることになるのです。自署に限られる書類はじっくりと確認するなど気を付けましょう。

 

カードローンを利用した場合のメリットの一つは、店舗の営業時間などに縛られず随時返済もできるところでしょう。コンビニ店内のATMを使っていただいて店舗に行かなくても返済できるわけですし、オンラインを利用して返済することまでできるのです。

 

最近ずいぶんと普及したキャッシングを受けたいときの申込方法は、一般的な窓口を利用していただいたりファックスとか郵送、あるいはオンライン等いろいろあるのです。一つの商品でも用意された複数の申込み方法からどれにするか選ぶことができるものもあるのでご相談ください。

 

借りた金額のうち銀行からの部分は融資総額の規制をする総量規制の対象にならないので、もしカードローンで借りるなら銀行にお願いするのがいいんじゃないかと予想されます。融資の限度として、年収の3分の1未満までしか銀行以外からは借りることはダメなんだという内容になっている規制であり、これが注目の総量規制というわけです

 

あらかじめ決められた日数は利息は1円たりとも必要ない無利息キャッシングは、ローンで融資してくれた金融機関に対して支払いを行う金額の総合計というのは通常のローンに比べて少なくなるので、かなりうれしいサービスです。ちなみに利息不要でも事前に行われる審査の項目については普段よりも厳格になるなんてこともないのも魅力です。

 

当然ですが、話題になることが多いカードローンですけれど、その使用方法が正しいものでないときには多重債務を生み出してしまう原因の一つとなることだって十分に考えられるのです。お手軽だけどローンは借り入れには違いないということを忘れないようにしましょう。

 

便利なことに近頃はインターネットを使ってお店に行く前に申込みが済んでいれば、キャッシングについての審査が早くお知らせできるというサービスのあるキャッシングの取扱い会社も増え続けているのが現状です。
うれしいことにいろんなキャッシング会社で目玉特典として無利息でOKという期間限定サービスを提示しています。ということはキャッシングしてからの期間が短いと本来必要な金利を全く収めなくても済むことになります。
利用者に人気のポイント制があるカードローンの場合、カードのご利用に合わせて付与した独自のポイントをためていただくことが可能で、融資されたカードローンの規定の支払手数料にたまったポイントをご利用いただいてもOKな会社だって見受けられます。

 

審査というのはキャッシングならどれを希望する場合でも必要であると定められていて、融資をしてほしい方の情報などを隠さず正直にキャッシング業者に正確に伝えなくてはならないのです。それらのデータに基づいてマニュアル通りにキャッシング審査をやっているのです。

事前審査

必須となっているキャッシングの際の事前審査では申込者の1年間の収入とか今までの勤続年数などを特に注目しているわけです。今回申込を行うよりも前にキャッシングの返済が大幅に滞ってしまったといった過去のデータもキャッシングなどを取り扱っている関連会社には筒抜けになっていることが普通なので古いことでも気を付けてください。

 

店頭以外には無人契約機を使って手続を申込むなんていう特に若い人に人気の方法もあるわけです。専用端末に必要な情報を入力してご自分で申込みしていただくので、最後まで誰とも顔を合わせずに困ったときのキャッシング申込手続をすることができるのです。

 

あなたに融資して間違いなく返していけるのか徹底的に審査されているわけです。約束通り返済する可能性が非常に高いと判定が下ったとき限定で、キャッシング会社っていうのは入金してくれるわけです。
皆さんの興味が高い即日キャッシングの大まかな仕組みなら教えてもらったことがあるという人は大変多いのですが、現実の必要書類や手順など、いかにしてキャッシングがされるものなか、細かいところまで掴んでいる人はほんの一握りです。
ここ数年はほんとは別の意味があったキャッシング、ローンの二つの言語のニュアンスや定義がずいぶんと曖昧になってきていて、どちらにしてもほぼそっくりな定義でしょ?といった具合で使う方が大部分になっている状態です。

 

要するに借りたお金の借入れ理由が限定のものではなく、借り入れの際に担保やなんらかの事故の時のための保証人などが一切いらないという形で現金が手に入るのは、キャッシングだろうがローンだろうが内容は同じだと考えられます。

 

今までの勤務年数と何年間今の家に住んでいるのかのどちらとも審査の際に確認事項になっています。ちなみに勤務何年かということであるとか居住してからの年数のどちらかが短いと、申し訳ないのですが事前に行われるカードローンの審査でマイナスに影響する可能性が高いといえます。

 

通常カードローン会社の場合、いろいろ質問したい利用者対象のフリーコール(通話料はもちろん無料)を整備済みです。キャッシングについての質問の時は、過去および今のあなたの融資の可否にかかわる情報を忘れないようにお話してください。
業者の中でも消費者金融系と言われる会社はちゃんと即日融資が可能であることだって少なくないのです。だけど消費者金融系でも、会社で定められた申込や審査は避けることはできないことになっています。
金融関連のウェブサイトの情報をフル活用することでスピーディーな即日融資が可能なのはどの消費者金融会社なのかをその場で簡単に詳しく調査して、どこにするのか決めていただくことだって叶うのです。

 

会社の数は多くなってきたけれど、人気を集めている無利息期間のサービスを提供してくれているのは、消費者金融系と言われている会社のキャッシングしかない状況になっているので選択肢には限りがあるのです。だけど、全く利息がいらない無利息キャッシングが実現できる期間は制限されています。

 

他の業態と比較して消費者金融の場合は即日融資が決定するまでの動きというのはとんでもない速さなのです。ほとんどの場合その日の午前中に申し込みができて、融資のために必要な審査が滞りなく終わったら夕方までには指定した額通りのお金をあなたの口座に振り込んでもらえます。

 

銀行から借りた金額については借金の総額を規制する総量規制の除外金額。ですからカードローンをお考えならなるべくなら消費者金融など以外が正解だと覚えておいてください。融資の限度として、本人の年収の3分の1以上は原則新規借り入れはダメなんだという内容になっている決まりのことで、総量規制と言います。

 

便利なことに最近ではよりどりみどりといってもいいくらいの数のキャッシングローン会社から申し込み先を選べます。有名な広告やCMをやっている消費者金融(いわゆるサラ金)であれば誰でもご存じで、すっかり安心した状態で新規申込みをすることもできちゃうのではありませんか。
ピンチの時に困らないように準備しておきたい頼りになるキャッシングカード。もしキャッシングカードで必要な資金を借り入れる際には、低金利でOKと言われるよりも30日間完全無利息の方を選ばないとどうかしてますよね?

リンク集

更新履歴